2011年02月14日

「鍛冶屋のポルカ」(第10回定期演奏会より)

ヴィヴァ・マンドリーノ第10回定期演奏会 第2部より

「鍛冶屋のポルカ」 指揮:片倉 武  ヨゼフ・シュトラウス 作曲  網代 景介 編曲

 冒頭に<Polka Francaise=フランス風ポルカ>と付されています。シュトラウス一家はワルツとともにポルカも多く残していますが、ポルカにはこの曲のように遅いものと<Polka Shunell=速いポルカ>の2種類があります。ウィーンの街中の鍛冶屋の様子をさまざまな打楽器を入れながら演奏する楽しい曲です。



posted by vivamayu at 14:03| 千葉 ☁| Comment(0) | 第10回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

「ウィーン、我が夢の街」(第10回定期演奏会より)

ウィーン子が愛してやまない夢の都。幾多の名歌手によって歌い継がれてきました。この街を代表するヴィナーリートの傑作をヴィヴァ・マンドリーノの演奏でお楽しみください。

posted by vivamayu at 15:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 第10回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

「ポルカ"狩にて"」(第10回定期演奏会より)

ヴィヴァ・マンドリーノ第10回定期演奏会 第2部より
「ポルカ"狩にて"」 ヨハン・シュトラウスU世 作曲  一丸 守正 編曲

こちらは速い方のポルカ。馬を逸らせての狩りの様子をポルカのリズムに乗せて表してい-ます。鞭がなり、銃声がひびく、躍動感あふれる名曲です。

posted by vivamayu at 19:07| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 第10回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

「Mattinata(朝の歌)」(第10回定期演奏会より)

ヴィヴァ・マンドリーノ第10回定期演奏会 第1部より
「Mattinata(朝の歌)」 アメディオ・アマディ 作曲

 アメディオ・アマディ(1866~1935)は著名な音楽一家、ピエトロ、ロベルトと続いた三代目で、生涯に50曲ほどのマンドリンオーケストラの曲を作曲しました。「Mattinata 朝」はさわやかな南国の朝を思わせるテーマが軽やかなギターの伴奏に乗って歌いだされます。歌劇「道化師」の作者、レオンカヴァルロによる同名の曲にも似た佳品です。

posted by vivamayu at 20:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 第10回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

「美しく碧きドナウ」(第10回定期演奏会より)

ヴィヴァ・マンドリーノ 第10回定期演奏会 第2部より
「美しく碧きドナウ」 ヨハン・シュトラウスU世 作曲    

 19世紀半ばビスマルク率いるプロシャの圧迫を受けていたオーストリーは暗い気分に覆われていました。この状態からウィーンの市民を救い、一刻も早くもとの朗らかさをとり戻そうとした「ウィーン男声合唱協会」の指揮者・ヘルべックの依頼で1868年に作曲されました。
その後管弦楽用に編曲されましたが、これが大評判となり、またたく間に世界中を席巻してしまいました。
オーストリー人の誇り、滔々と流れるドナウ川が<前奏・5つのワルツ・コーダ>で表現され、その美しさ・変化の妙は他に類を見ません。正月恒例の「ウィーン・ニューイヤーコンサート」の掉尾を飾る曲としても有名です。

posted by vivamayu at 20:26| 千葉 ☁| Comment(0) | 第10回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

「ウィーンはいつもウィーン」(第10回定期演奏会より)

ヴィヴァ・マンドリーノ第10回定期演奏会 第2部より
「ウィーンはいつもウィーン」  ヨゼフ・シュランメル 作曲 

 ウィーンの地方のワインレストラン、大衆酒場は「ホイリゲ」と呼ばれ、酔客の傍らで5人ほどのアンサンブルが演奏するのが、シュランメル兄弟が創始した「シュランメルン音楽」です。表題の曲は軽快なマーチで、東芝提供「きょうの出来事」のテーマとして毎晩のように流れていましたのでご記憶の方も多いことでしょう。


posted by vivamayu at 13:45| 千葉 | Comment(0) | 第10回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

「初恋」(第10回定期演奏会より)

ヴィヴァ・マンドリーノ第10回定期演奏会 第3部より
「初恋」 石川啄木 作詩 越谷達之助 作曲 一丸守正 編曲

 青山学院高等部の音楽教師、越谷達之助(こしたにたつのすけ)が石川啄木の名歌に作曲した佳曲。越谷は授業の中で「歌は心で歌うもの」と説いていたそうです。
ゲスト:神山恒夫さんのしっとりとしたテノールに乗せてお楽しみ下さい♪

posted by vivamayu at 14:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 第10回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。