2013年09月04日

組曲「リュートのための古代舞曲とアリア」より「イタリアーナ」 (ヴィヴァ・マンドリーノ第15回定期演奏会 第1部より)

ヴィヴァ・マンドリーノ第15回定期演奏会 第1部
組曲「リュートのための古代舞曲とアリア」より 「イタリアーナ」
O.レスピーギ 作曲 赤城 淳 編曲
指揮:片倉 武

 オットリーノ・レスピーギ(1879〜1936)の作品といえばローマの風物を描いたローマ三部作(交響詩「ローマの噴水」、「ローマの松」、「ローマの祭」)が有名ですが、次いで人気のあるのが3曲ある「リュートのための古代舞曲とアリア」組曲です。特に本日演奏する第三組曲は美しい旋律と典雅なハーモニーに優れています。リュートは中世ヨーロッパで盛んに演奏された楽器ですが、レスピーギはこの楽器の持つ気品と香気を失わせること無く、リュート音楽を近代的に再生させたといって良いでしょう。



Viva Mandolino 15th Concert Part1
"Italiana"from "Antiche danze ed arie per liuto"   
Composition: Ottorino Respighi
Arrangement: Jun Akagi   "赤城 淳"
Direcotor: Takeshi Katakura "片倉 武"
 http://vivamandolino.seesaa.net/


posted by vivamayu at 09:31| 千葉 ☔| Comment(0) | 第15回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。