2011年06月09日

ヴィヴァ第12回定演「アール・デコ組曲」第1楽章 "ラグ タイム"

青島広志作曲 (12回定期演奏会 第1部より)

2010425日(日) 於:柏市民文化会館


 現在、日本で最も多忙な作曲家、青島広志による珍しいマンドリン・オリジナル曲です。1920年代のヨーロッパ、特にベルリンとパリで流行した音楽スタイルによる3曲から-なる組曲です。

第1楽章 "ラグ・タイム"は、19世紀末にアメリカで流行したジャズの前身で、故意に正規の拍をずらしたメロディーを持ちます。ここでは息の長い異国的なメロディーと正確な拍の刻-みが同時に現れます。





posted by vivamayu at 19:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 第12回定期演奏会 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。